アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ブックレビュー」のブログ記事

みんなの「ブックレビュー」ブログ

タイトル 日 時
外資系コンサルのスライド作成術
外資系コンサルのスライド作成術 外資系コンサルのスライド作成術―図解表現23のテクニック東洋経済新報社 2012-12-17 山口 周 Amazonアソシエイト by ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/25 00:25
金融独裁の果てに
金融独裁の果てに 杞憂だったらいいなー、とうっすら思ってたのだが、残念ながらまた規制が一つ増えてしまった。 金融庁、「通貨選択型」投信の販売規制を強化(2011年 12月 5日 ロイターニュース) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/09 22:31
リスクは金なり
リスクは金なり リスクは金なり (講談社文庫)講談社 2011-07-15 黒木 亮 Amazonアソシエイト by ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/05 03:13
歴史と外交
歴史と外交 歴史と外交─靖国・アジア・東京裁判 (講談社現代新書)講談社 東郷 和彦 Amazonアソシエイト by ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/26 11:15
山の音
山の音 山の音 (新潮文庫)新潮社 川端 康成 Amazonアソシエイト by ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/22 17:48
イシュ−からはじめよ
イシュ−からはじめよ イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」英治出版 安宅和人 Amazonアソシエイト by ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/07 21:31
代表的日本人
代表的日本人 代表的日本人 (岩波文庫)岩波書店 内村 鑑三 Amazonアソシエイト by ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/01 23:13
茗荷谷の猫
茗荷谷の猫 だいぶ前に新聞の書評に載っていた勢いで買ったのだが、しばらく手を離れていた短編小説。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/24 01:15
Balancing the Banks
 Balancing the Banks Balancing the Banks: Global Lessons from the Fi.../Mathias Dewatripont ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/14 06:46
絶対ブレない「軸」のつくり方/南 壮一郎
 絶対ブレない「軸」のつくり方/南 壮一郎 頭のリフレッシュにお薦めの一冊。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/24 04:35
罪と罰 (下巻)
 罪と罰 (下巻) ようやく下巻も読了。 罪と罰 (下巻) (新潮文庫)/ドストエフスキー ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/04 17:52
起業のファイナンス
 起業のファイナンス 今すぐに起業するわけではないけれど、人生のどこかでは起業したいという想いが日に日に強くなっているので、とりあえずどんなものかなと思って読んでみた本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/16 06:20
EXIT 売却
 EXIT 売却 軽く気分転換で読んだら意外と面白かった一冊。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/08 06:58
罪と罰 (上巻)
 罪と罰 (上巻) 読んだいきさつはこちら。 2010-09-07 非民主主義の宝物? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/06 08:48
ファンドレイジングが社会を変える
 ファンドレイジングが社会を変える 旧来日本社会で理解されている”寄付”と欧米社会でのそれとを比較し、いかにして日本でも欧米クラスのような巨額な寄付マーケティングが実現させるかを指南した本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/05 06:51
単純な脳、複雑な「私」
 単純な脳、複雑な「私」 ちらほらと周りから名前挙がっていたので読んでみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/02 06:22
戦略「脳」を鍛える
 戦略「脳」を鍛える 一般に「実力主義で競争が激しい」、「常に革新的なアイディアを出さなければ生き残れない」とされている外資系の金融業界に私は勤めているのだが、人間である以上は慣れだったり考え方に偏りが出てきたりといった、知見の積み上げとある種のトレードオフの関係にある副作用がどうしても発生する。ここからまたどうやってマーケットを切り開いていくのか、はたまた自分はどうやって生きていくのかをちょっとフレッシュに考える意味で、以下の本を手にとって読んでみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/30 07:58
夜と霧
 夜と霧 知人に勧められて読んだ古典。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/26 06:39
愚者の黄金/ジリアン テット
 愚者の黄金/ジリアン テット だいぶ前に友人に勧めらてたのだが、先日やっとこさ読み終えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/24 06:52
ビジネス書に書いてあることはどれも同じ
 ビジネス書に書いてあることはどれも同じ 家の本を捨てるためのレビューシリーズ、今日はいわゆるビジネス書。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/29 07:08
レバレッジ人脈術
 レバレッジ人脈術 最近自宅の散らかり具合がどうにもならなくなって重い腰を上げて整理した結果、A級戦犯は捨てられない本だということが発覚。自分の言葉でアウトプットできるくらい消化したら、とっとと捨てないと家が本でパンクしてしまう。そんなわけで、ここんとこご無沙汰になっているこのテーマを、家の整理のためにもすすめることとする(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/19 06:05
制限があるゆえのメリット
 制限があるゆえのメリット 久しぶりのこのテーマ。別にこの間本を読んでなかったわけではないのだが、マニアックなものや仕事上の機密事項に関わることが多かったのでなかなか書けずじまいでいたのだけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/12 06:12
ブラックスワン[下]?不確実性とリスクの本質/ナシーム・ニコラス・タレブ
読むと言ってから半年以上経ってしまったが、先日のアメリカ旅行中の移動時間をでエイっと読み終えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/13 06:30
ブラックスワン[上]?不確実性とリスクの本質/ナシーム・ニコラス・タレブ
かなり前に忘れないために列挙してた本書ですが、 やっとこさ上巻を読みました。まず一言で言い表すとするならば、かなり”クセ”の強い本だという印象を受けました。 <要旨>そもそも、経済的・時代的予測においてはあらかじめわかっていることは何もない。分かっているのは、ただ”過去”にどのような出来事が起こって、それを後になって理由をくっつけて無理やり体系だてた類のものであるということ。ブラックマンデーだってカストロ政権が生まれた時だって、後付けの理由は腐るほどあるが誰もが予知できなかったことがそれを証明し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/25 06:03
しゃべりの優劣でセールスの成績がアップするのは本当か?
 しゃべりの優劣でセールスの成績がアップするのは本当か? ジャパネットたかた思わず買いたくなる“しゃべり”の秘密/金子 哲雄 ¥1,470Amazon.co.jp割と硬派な私はこの手のノウハウ本はあまり読みません。他方、よく考えてみると私が身を置いている金融業界が売ってる商品と言うのは、・顧客とのリレーション・コモディティ化(品質の良しあしではなく単なる値引き勝負)という、2つの”売れるための要素”しかないのもまた事実です。というのも、お金に色は付けられないとの言葉通り、別にどこの金融機関で金融商品を買ったりサービス買ったりしようが、何ら消費者にとって... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/15 06:52
岩瀬式加速勉強法 
東大×ハーバードの岩瀬式!加速勉強法/岩瀬 大輔 ¥1,365 Amazon.co.jp まずはポイントを箇条書き。既知のものももちろん含まれていますが、こうやって定期的に書きだして認識することはすごく大事です。(番号は下の引用で使うためだけのもので、特に意味はありません) &最初に全体像のコンセプトをおおまかに理解すること&自分の目的を明確にし、さらにそこの到達するためのプロセスを分解する。もしろん目的に必要のないものは切り捨てる&”全体と細部”、”主体性と客観性”というそれぞれ2つの対極に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/23 06:41
生命保険はだれのものか ?キャリアと情熱を兼ね備えられたら鬼に金棒?
 生命保険はだれのものか ?キャリアと情熱を兼ね備えられたら鬼に金棒? 衝撃的だったことがまず1つ。この著者である出口治明さんは日生に始まり興銀、東大学長側近などそうそうたるキャリアをお持ちの方です。もう、普通であればこれだけ人生において御苦労された貯蓄があるので暖気運転にでも入りたくなるのが人間の常なのですが、”顧客にとって本当に為になる保険は何か?”というあくなき向上心を60歳を過ぎてからの起業という形でさらなる挑戦をされています。 何が衝撃だったって、我々若手が社会の大先輩に立ち向かうにはマンパワー(頭のキレなどのソフトな部分も含めて)と情熱しかないと私は考え... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/19 06:28
人の良心に訴えるのではなく、経済合理性の流れに乗せる
書こう書こうと思って流れていた、山口絵理子さんの書評の続き です。 で、何がいい意味で期待を裏切られたかというと、”ビジネスとは、たとえそれがどんなに社会貢献性の高いものであっても、経済合理性がなければ決して持続性を維持できない、すなわちその事業自体がダメになってしまう”という点です。 書の中から具体例を抜粋すると、バングラデシュの人たちを救いたい!だからこのバッグを買って下さい!と人々の良心に訴えかけるだけのビジネスモデルでは決して持続できるものではなく、むしろ中途半端に事業がとん挫しかねませ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/03 06:42
裸でも生きる ?山口絵里子・マザーハウス社長?
 裸でも生きる ?山口絵里子・マザーハウス社長? この手のドキュメンタリー本はだいたい書いてあることが一緒なので飽和感から避けていたのですが、以下の理由から読んでみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/18 15:12
こんなところにもマーケティングのバイアスが
 こんなところにもマーケティングのバイアスが 今日取り上げる本、この”600万人”という数字に食いついてしまったのですが・・・600万人の女性に支持されるクックパッドというビジネス (角川SSC新書)/上阪 徹 ¥798 Amazon.co.jp 600万人といったら、(時代の流れに逆行してクックパッド利用者=家庭で調理する人=女性)という少々乱暴な過程で行くと、ターゲットである日本人女性約6,000万人の1割も愛用しているのか!と思いきや・・・ なんてことはない、月間600万人だそうです。しかもよく読むと、そのうちほぼ毎日使っているユー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/06 06:10
あたりまえのことをバカになってちゃんとやる、一方で自分の理想ををしっかり意識する
 あたりまえのことをバカになってちゃんとやる、一方で自分の理想ををしっかり意識する わりとこの手の論調・ビジネス書が最近多く出回っているような気がします。私の友人もmixiでレビューを書いていましたし。その分将来の不確実性が一昔前よりも一般的に浸透しているということでしょう。 「こんな単純な仕事をしていていいのだろうか?」 「もっと自分にしかできない、よりやりがいのある仕事をするべきなんじゃないだろうか?」 そんな不安と焦りをかかえる若者に対して「まず自分の足元のことをきちんとやれ!」と説く類のものです。ただ、しっかりと考えなければいけないのは、“&自分の目指す将来から逆算した... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/06 17:59
アメリカモデルの終焉 論評
昨日はちょっとドタバタして要旨を挙げるだけにとどまってしまいました。それに続く論評を書きます。全体的に、私個人としてはあまりかんばしいものではありません・・・(;^_^A 昨日の要旨 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/14 05:32
アメリカモデルの終焉
よく言われる”アメリカ型の利益編重主義がバブルを起こし、金融危機を招いた”という論調がありますが、1つ下記の書を読んでみました。 今日のところは一通り要旨を、後日論評します。 アメリカモデルの終焉/冷泉 彰彦 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/13 22:10
日本は財政危機ではない! ?記者クラブ制度下でマスコミは役人のあやつり人形??
 日本は財政危機ではない! ?記者クラブ制度下でマスコミは役人のあやつり人形?? 今日ご紹介する本のタイトルは人目を引くために書の中の一部を抜粋したものであって、書全体の趣旨は別のところにあります。”さおだけ屋はなぜ潰れないか?”などと同じ類ってことですね。日本は財政危機ではない!/高橋 洋一 ¥1,785 Amazon.co.jp で、その肝心な書全体の趣旨ですが、”この国は皆が思っている以上に官僚に支配されている”ということです。それをいくつかの章にチャンクダウンして、・”財政危機”は短期的に財政再建したいいわゆる”財政タカ派”の財務省のマスコミを使った茶番である。・国... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/07 05:19
たった3秒のパソコン術 ?頭だけでなく、指先でも”デキル”人間を目指せ!?
 たった3秒のパソコン術 ?頭だけでなく、指先でも”デキル”人間を目指せ!? 今日はwindowsPC作業が早くなる本のご紹介。マウスでの作業を極力減らし、キーボードをフル活用することによってコンマ何秒の時間節約を積み上げ、結果的にPC作業が早くなります。 「”仕事ができる”とは仮説を立てて作業量を必要最小限にする能力のことであり、作業自体を早く終わらせることではない」とは、元BCG(ボストン・コンサルティング・グループ)日本代表の内田和成さんのお言葉ですが、仕事でPCを全く使わない職業はほとんどないと言っていいほどIT化が進んだ今日では、少なくともPC作業を早く終わらせ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/01 06:01
こうして私は外資4社のトップになった ?世界で戦う心構え編?
すーっかり忘れていましたが、こうして私は外資4社のトップになった ?外資企業で必要なスキル編?(2009-03-31) の閉めに、 ”意外に長く書けたので今日はここまでにします。次回は?世界で戦う心構え編?です。” と言っておきながら放置していたので、今日はお待ちかね(?)その続きを(;^_^A 前回は書で取り上げられている外資で必要なスキル7つについて私の批評を加え、結局は日系企業と比較して強く求められるのは”英語力”と”論理思考力”の2つという話でした。 さて、世界で戦うにはどういう心構えが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/29 11:58
こうして私は外資4社のトップになった ?外資企業で必要なスキル編?
日系企業に勤めている友人からよく、”外資だから?なんだろ?” ”やっぱ外資は○○だよなー”と言われることが、おそらく私に限らず外資系にお勤めの方にはあると思います。 以下の書にはいくつか”外資企業で活躍する”ノウハウが紹介されています。そこで今日はこの本のポイントを抜粋しながら、外資系の、特に金融に勤める私の実務感覚から少し批評をしたいと思います。こうして私は外資4社のトップになった/秋元 征紘 ¥1,575 Amazon.co.jp *外資企業で必要なスキル &英語:うまく話すためには、まず... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/31 06:07
地頭力を鍛える ?英語は共通言語、論理的思考力は共通思考プロセス?
 地頭力を鍛える ?英語は共通言語、論理的思考力は共通思考プロセス? 最近めっきりビジネス書は読まなくなったのですが、これは何回か読み直して自分の日常に生かす価値のある書だと思うので簡単にご紹介します。地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」/細谷 功 ¥1,680 Amazon.co.jp コンサルティングファームを受験されたことのある方であれば、フェルミ推定のケーススタディを何度もやっているでしょうからなじみがあるでしょう。そう、「日本にコンビニはいくつあるか?」「新幹線の車内販売の売り上げを倍増させるにはどうすればよいか?」という、あの手の問題で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/20 05:41
世界を動かすトップの英語
 世界を動かすトップの英語 ”一言”英会話ではありませんが、ビジネス上欠かせない英語表現を、現在の世界のトレンドと併せて学べる教材を1つご紹介します。世界を動かすトップの英語/鶴田 知佳子/柴田 真一 ¥2,205 Amazon.co.jp 2007年1月のダボス会議での各著名人のスピーチ・ディスカッションを学習用にまとめたものです。現役首相として最後のスピーチとなったトニー・ブレア前英首相から始まり、GS(ゴールドマン・サックス)やJPモルガンのトップたちが世界経済の行方について、またビル・ゲイツがこれからのWeb2.... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/05 06:16
手早くさっと読むべき本もあり、じっくり内容を吟味すべき本もある
 手早くさっと読むべき本もあり、じっくり内容を吟味すべき本もある もう気づけば3月ですね。 さて、私がこのブログで紹介している書籍はどれも複数回読み直すに値するものですが、今日ご紹介するのもそれに漏れず、かなり実用性があると個人的には思っています。 ビジネスマンのための「読書力」養成講座 (ディスカヴァー携書)/小宮 一慶 ¥1,050 Amazon.co.jp 世の中情報があふれかえっているせいか、とかくニュースや本は早く読める人が凄い!と思われるような風潮もありますが、「手早くさっと読むべき本もあり、じっくり内容を吟味すべき本もある」ということを、具体的... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/02 05:26
日本国憲法第九条と現実の世界
 日本国憲法第九条と現実の世界 日本国民にとっては宿命とも言えるこの議論。 まず1冊ご紹介したい本があります。日中の興亡/青山 繁晴 ¥1,575 Amazon.co.jp    私は、これを読む前までは「オマエ社民党員か!?」と思われるくらい、頑なに憲法9条を日本固有のものとして考え、「日本が、軍を持たずに世界平和を提唱する国家の先駆けとなるんだ!」と思っていました。太平洋戦争の歴史をみればもう二度とそんな悲劇は起こしたくないし、もちろん戦争に喜んでいきたい人なんて本来誰もいませんからね。 が、  本書第5章「軍事なき外交... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/08 06:08
お薦めテキスト ?Options,Futures,&amp&#59; Other Deri...
 お薦めテキスト ?Options,Futures,&amp&#59; Other Deri... まずはこれ、金融業界の人間には必須アイテム。フィナンシャルエンジニアリング?デリバティブ取引とリスク管理の総体系/ジョン ハル ¥10,500 Amazon.co.jp  私の勤務先でもこれを読んだことがない人はいないくらい有名な本で、とにかく幅広い範囲で数学的解説があるのが強みです。題名の通り、オプションや先物といった各種デリバティブの理論を豊富な数学的解説を付加してまとめています。日本語版だと若干和訳が不自然なところもあるので、英語が苦でない方はオリジナル版が断然お勧めです。(オリジナルの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/01/25 10:05

トップへ | みんなの「ブックレビュー」ブログ

取捨選択 -my choice- ブックレビューのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる