アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「金融」のブログ記事

みんなの「金融」ブログ

タイトル 日 時
金融独裁の果てに
金融独裁の果てに 杞憂だったらいいなー、とうっすら思ってたのだが、残念ながらまた規制が一つ増えてしまった。 金融庁、「通貨選択型」投信の販売規制を強化(2011年 12月 5日 ロイターニュース) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/09 22:31
リスクは金なり
リスクは金なり リスクは金なり (講談社文庫)講談社 2011-07-15 黒木 亮 Amazonアソシエイト by ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/05 03:13
欧米人よりも日本人の方が実はリスク嗜好?
欧米人よりも日本人の方が実はリスク嗜好なんじゃないか?と問題提起している記事。 -Japanese investors- Mrs Watanopportunity ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/31 23:56
流行りの高分配金投信に絡めて徒然
日本では諸外国に比べるとどうやらキャピタルゲインよりもインカムゲインが好まれる傾向にあるらしく、それがいわゆる”分配金投信”の売上げに寄与してきたとかそうじゃないとか。(検証したわけではないのではっきりとしたことは分からないけど、理由はどうあれ好まれていることは確かなようだ) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/01 00:36
ロールコスト
コモディティ投資 ”オルタナ”投資の代表的アセットであるコモディティだが、リテール(小口個人投資家向け)という観点で見ると、どうしても投資商品としての扱いづらさを感じてしまう。トラッキングをするためのロールコストがどうしても分かりづらくなってしまうからだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/23 15:18
イベントドリブン的プレミアムの対価
震災直後は日本が絡んだグローバルサプライチェーンの脆弱性や原発の安全性の是非が取り沙汰されていたが、目下のところ現在の世界経済のトレンドは以下の3つに集約されそうだ。 ・ギリシャの財政危機 (the ongoing Greek fiscal crisis) ・低迷が続くアメリカ経済 (the negative macroeconomic data from the U.S.) ・中国やインドを始めとした新興国の金融引き締め (the rising inflation in India... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/07/09 00:55
シンセティックETF
日付変わって昨日の日経新聞朝刊に、デリバティブを用いて組成するシンセティックタイプのETF(上場投資信託)が包含するリスクや複雑さについて、懸念を示す記事が載っていた。主要国の金融当局で構成する金融安定理事会(FSB)「新種のETFの複雑さや透明性の低さのため、新たなリスクが生じるかもしれない」と警告を発した。」のだとか。今日はシンセティックETFが何と比較してどういう違いがあるのかを整理しようと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/08 00:16
東電国有化?
東京電力の一件で、にわかにマーケットで「国有化」の言葉がbuzzwordの如く聞かれ始めた。本業の仕事でも少々絡んでくる話なのだが、そもそも国有化という言葉自体が何を意味しているのかがあいまいだし、なんとなしにみんな言葉に踊らされている感がある。リフレッシュも兼ねて、ごく簡単なセオリーにそった整理をしてみようと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/25 01:14
Hedge Fund Seeding
Goldmanが、Blackstoneの牙城であるヘッジファンド立ち上げ資金提供ビジネスに参入するらしい。 http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920015&sid=abADCUvsv0a0 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/19 00:28
Global Imbalances and the Lessons of Bretton Woods
Global Imbalances and the Lessons of Bretton Woods アメリカの赤字をアジア新興国がファインナンスするという現在の世界経済のいびつな構図を、タイトルの通りBretton Woodsを主とした歴史を鑑みながら今後の対策と展望を論じている一冊。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/05 13:38
肌で感じるゼロ金利政策の功罪
長らく日本で続く低金利政策。その功罪についてマクロレベルではデフレの温床だの預金者の損失だのといった類の議論がなされているが、はっきり言って自分にとってはイマイチ実感がわかない。ここではあえて個人レベルで感じるものについてちょっと言及することにする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/05 19:30

トップへ | みんなの「金融」ブログ

取捨選択 -my choice- 金融のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる