取捨選択 -my choice-

アクセスカウンタ

zoom RSS 機会コスト

<<   作成日時 : 2010/11/30 08:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

色々考えた挙句、ブログの毎日更新にこだわることをやめることにした。

自分の考えの言語化訓練のために約2年前に書き始めて以来毎日書き続けてきたのだが、以下の2つの理由で、今回そう考えるに至った。

・機会コスト
・習慣化

一つの記事を書くのに約30分?1時間(たまに長いものはもっと)かけているので、その機会コストたるや膨大なものがある。当初のうちは書くこと自体、もっと厳密に言うと自分のもやもやっとした思想を言語化する習慣をつけるために毎日やることとして固執してきたのだが、2年間という一応少なくは無い時間をかけて書く”習慣”自体はついた。従って今度は、そのアウトプットをよりよくするためのインプットにも時間を割いたり、(少し大げさな表現だが)ブログを書くことが1日24時間という限られた人生の中の数パーセントを費やすことに本当に値するのかどうかを見極めたうえで執筆したい。もともと、人生は限られた時間を費やすことを選択するものなんだという意識からこのブログの題名をつけたという経緯もあるので。

幸いにして私はブログで生活の収入を得ているわけではないので無理をしててもアウトプットを出さなければ食いっぱぐれるというわけでもないし、せっかく”書く”という行為に使っていた時間を他の選択に置き換えることができるわけだから、変にこだわる必要はないと判断した次第だ。なので、誤解を与えないよう断っておくが”毎日書くのをやめた”のではなく、”毎日書くのにこだわるのをやめた”ということだ。従ってもしかしたらたまたま一日のto do、いやchoiceの中でブログ執筆が優先順位の上位にいる期間が長いことが続けば暫くは今と変わらず更新し続けるかもしれない。

少なくとも明日は、水曜日なので毎週続けている英語ブログはアップする。これも英語を書くこと自体を習慣化するためというのが主目的だが、そのためにはまだまだブログの”量”でカバーする必要があるからだ。質を求めるのはその次。(現在のところはessays in Englishとカテゴライズしているのもそういった背景がある。)

ブログを書かない日の時間の使い方としては、当面のところは英語関係のスキルアップか、読書に費やすことになると思う。もっともっと質の高いアウトプットを出すために、最良・最善の時間の使い方の選択をしたい。

機会コスト意識(ブログ執筆をギブアップしたのだから、書かない日はそれ以上に意味のある時間にしないといけないという意識)を感じることで自然と切迫感のようなもの持てたし、よってブログ執筆を習慣化した意味は大きいと思う。私にとって何かを行動に移す一番大きな原動力は、「高い志」というよりもこういった「危機感?強制力」だからだ。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
TITLE: 1 ■無題
SECRET: 0
PASS:
いつも興味深く拝見しています。これからも更新を楽しみにしてます。毎日じゃなくなった分ハードルあがるのでお願いします♪笑
ryosuke
URL
2010/11/30 18:22
TITLE: 2 ■Re:無題
SECRET: 0
PASS:
>ryosukeさん
コメントありがとうございます。お読み頂き嬉しいです、ご期待に沿ってないないようだったらどんどんダメだし下さい(笑)
AK_aotearoa
URL
2010/12/05 03:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
機会コスト 取捨選択 -my choice-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる